BIOGRAPHY

1991

1991年10月21日に発表された、今や伝説的なコンピレーションアルバム『DANCE 2 NOISE 001』に参加し注目を集める。収録曲『CALL ME』は当時イギリスでアンダーグラウンドカルチャーから勃興した、セカンドサマーオブラブと呼ばれるムーブメントに呼応したものであった。アッシッドハウス、テクノ、シューゲイズ、その全てをミキサーに入れてごちゃ混ぜにしたサウンドは音楽業界内外で話題を呼んだ。


1992

1992年1月21日、1stシングル『WALK ON THE MOON』、1stマキシシングル『3REMIX+1』でビクターインビテーションよりメジャーデビュー。同年2月21日に1stフルアルバム『MUSTARD』をリリースし、「C-CUBE」と題した全国7箇所を廻るプロモーションツアーを実施する。同年4月6日、当時新宿にあった日清パワーステーションにてワンマンライブを行う。同年7月には全国ツアー「AFTER MEAT MUSTARD」、ツアー中の同年7月22日に2ndシングル『someday colse your eyes』、2ndマキシシングル『someday ep』を発表。ツアー終了後、ロンドンへ渡りレコーディング、同年11月21日に2ndアルバム『vibES』を発表。


1993

翌1993年1月全国ツアー「CHAIN ME RUN」を実施、渋谷公会堂でのワンマンライブを成功させる。同年5月、マキシEP『NEXSUS7』発表後、ベースのKAJIWARAが脱退。その後4人で活動し、同年7月21日にシングル『mothor』を発表。その後再び渡英しレコーディングを開始。同年11月21日にシングル『Blind Venus』、12月17日に3枚目のアルバムとなる『INTERFACE』を発表しリリースライブをオンエアーイーストで実施。事実上ラストライブとなった。


1994

1994年2月、解散を表明。

解散後、ビクターインビテーションと、当時イギリスのアンビエントテクノ最重要レーベル、RISING HIGH RECORDSよりリミックスアルバム『STARSHELL CUSPAR POUND REMIX OF M-AGE』がリリースされる。その数年後、プロディジーやファットボーイスリムなどに代表されるデジタルロック、バンドとDJの融合など、いち早く体現した貴重なバンドであった。リリースされた音源は現在のシーンにおいて、音圧の差こそあるものの、その革新的なサウンドは色褪せていない。